「大学の学びはこんなにおもしろい!」

【2014年度】
「化学を駆使してつくった人工ツールで、生命現象の解明に貢献したい!」工学部 応用化学科 須磨岡 淳 教授
「太陽光をうまくレーザーに変換できたら、月開発への応用も夢物語ではないかも!?」工学部 機械工学科 大久保 友雅 講師
「ナノ材料集積化技術による高性能ニオイセンサをスマートフォンに搭載して、病気の早期発見を実現したい!」工学部 電気電子工学科 木村 康男 教授
「実際の企業で働く経験ができる“コーオプ教育"で、社会人基礎力を身につけよう!」工学部 電気電子工学科 笹岡 賢二郎 教授
「世界で活躍するエンジニアに欠かせない、国際的な教養や技術英語を学べる体制が整っています。」工学部 機械工学科 大山恭弘 教授
「ごく当たり前にサステイナブル(持続可能)な視点を持って研究できる人を育てたい!」工学部 応用化学科 江頭 靖幸 教授
「目に見えないけれど、世の中のほぼすべてのものに関わる電気電子工学を網羅的に学べます。」工学部 電気電子工学科 茂庭 昌弘 教授
「10年後、100年後の日本や世界、地球に役立つ化学技術を一緒に研究しよう!」工学部 応用化学科 山下 俊 教授
「機械工学で重要な “ものづくり"を実践的に経験することで、幅広い知識と視野を養おう。」工学部 機械工学科 松尾 芳樹 教授
「なにげない日常からアイデアを引き出し、より豊かな感性をデザインの学びを通して身につける」デザイン学部 深澤 健作 講師
「看護学生がリアルに対象者をイメージできるようなバーチャル体験教育システムを開発中!」医療保健学部 看護学科 太田 浩子 講師
「ワインの色・味・香りのもととなる成分を研究して、“おいしさ”の秘密に迫りたい!」応用生物学部 高柳 勉 教授
「生物や人間の脳や神経系をヒントに、コンピュータの情報処理をもっと柔軟なものにしたい!」コンピュータサイエンス学部 長名優子 准教授
「屋外イベントのネット中継や本格的なコンサートの制作に挑戦することで、現場の最新技術を実践的に学んでいます。」メディア学部 佐々木 和郎 教授
「作業療法を必要とする対象者ひとり一人や場面に応じて、柔軟に対応できる作業療法士を目指そう!」医療保健学部 作業療法学科 奈良進弘 教授
「美術史は、いわば過去の膨大なデータベース。その中に隠されたヒントが制作の発想に役立ちます。」デザイン学部 黒川 修一 教授
「これからの新しいメディア“デジタルサイネージ"の可能性を一緒に広げていこう!」メディア学部 吉岡 英樹 講師
「実用化目前の研究から世界初のデバイス開発まで、長年の研究成果が結実し始めています」コンピュータサイエンス学部 三田地 成幸 教授
「フライ油の中で起こる、さまざまな劣化現象のメカニズムを明らかにしたい!」応用生物学部 遠藤 泰志 教授
「臨床現場で活躍することはもちろん、検査を探究し、社会貢献につなげられる臨床検査技師になろう!」医療保健学部 臨床検査学科 細萱 茂実 教授
「美術やデザインを理解するには歴史的な連続性が大切。新しいものを知るために、古いものをきちんと学ぼう。」デザイン学部 暮沢 剛巳 准教授
「天然物とナノテクノロジーを組み合わせて、肌にも地球にもやさしい高機能で使いやすい新材料を生み出したい」応用生物学部 柴田雅史 教授
「変化の激しいICTの世界に柔軟に対応できるよう、新しいコンピュータサイエンス学部で“学び方"を学ぼう!」コンピュータサイエンス学部 亀田弘之 教授
「新しいメディア学部で確かな基礎力と専門技術を身につけ、幅広いメディアに対応できる人になろう!」メディア学部 相川清明 教授

「大学の学びはこんなにおもしろい!」TOPへ
TOPへ