医療保健学部
学びのしくみ

看護学科
看護の目的は、「生きる力」を引き出し、患者さんの価値ある人生をサポートすること。本学科は、「生きる力を支える看護」を担える看護職の育成をめざします。そのため、電子カルテや医療機器の操作に必要なICTスキルを学ぶとともに、模擬患者を用いた演習、援助技術を録画してチェックできるシミュレーション学習など特色ある教育を展開。自然治癒力を高める能力や科学的・理論的に考え行動できる実践力を養成します。また、都心という立地を活かして産業看護教育にも力を入れています。

臨床工学科
臨床工学技士は、生命維持装置の操作や保守点検を通じて、患者さんの診療に貢献する医療機器のスペシャリストです。先進医療機器が欠かせない現代の医療では、医学と工学に精通した唯一の医療専門職として、その重要性がますます高まっています。東京工科大学が培ってきたバイオ・工学・コンピュータ教育の実績、伝統ある医療・研究機関から招いた充実の教員陣、最新鋭の医療機器を完備した実習室、首都圏の一流病院で行う臨床実習などを踏まえ、突出した教育力で未来の先進医療を担う臨床工学技士を育成します。

理学療法学科
理学療法士は、リハビリテーション医療の中心であり、高い専門性が求められます。具体的には、病気やケガで身体に障害を持った人たちの運動機能を回復させ、いきいきと生活できるようにサポートする役割を担います。チーム医療を支える実践的な理学療法士の育成を図るとともに、医療のみならず保健・福祉・スポーツ・教育などに対応できる人材を育成します。総合大学という特長を活かし、科目実習、臨床実習、学内・学外と連携して行う共同研究など、多くのネットワークを通じて高度な医療技術の習得が可能です。

作業療法学科
作業療法士は、心や身体に障害のある人が、生きることに前向きな気持ちを持って日常生活での自立や社会復帰をし、有意義な人生を送ることができるように支援する仕事を担います、作業療法学科では、心と身体はリンクしていることをつねに念頭に置き、その両面からの働きかけができる人材を育成します。具体的には、医学・心理学の専門知識やコミュニケーション能力、臨床実践能力に加え、工学系、デザイン系学部とともに連携し、障害を補うロボットシステムや、ユニバーサルデザインの研究を行うなど、多様な領域を学びます。

臨床検査学科
臨床検査技師の育成を目指す臨床検査学科を、2014年4月医療保健学部に新設します。臨床検査技師とは、血液検査や生化学検査をはじめ、呼吸機能検査、心電図、超音波、脳波検査などの各種検査を行う専門家のこと。病気の診断や治療計画に必要不可欠なデータを提供する臨床検査技師は、チーム医療の要ともいえる存在です。本学科では、一流病院での臨地実習や最先端の医療施設を備えた学習環境と特色あるカリキュラムを通して、確かな技術はもちろん、医療者としてのマインドも身につけます。

詳しくは大学案内をご請求ください。(無料)

医療保健学部TOPへ
学部案内TOPへ
TOPへ