デザイン学部
学びのしくみ

視覚デザインコース
感性とスキルを融合させた演習で身につけた基礎力をもとに、さまざまなメディアにアプローチできる視覚表現力を育成します。3年次後期からは、グラフィック・エディトリアル・Webデザイン・イラストレーション・アニメーションなどの手法と技術を学ぶ「視覚デザイン専攻」と、CM・プロモーションビデオ・Webコンテンツ・CG等の企画・提案・演出を学ぶ「映像デザイン専攻」に分かれて、人の感性に届く視覚表現を追究します。

工業デザインコース
具体的なデザインの企画・提案を多数体験しながら、デザイン能力やプロジェクトに必要なスキルを身につけます。感性とスキルの演習で身につけた基礎力をベースに、3年次後期からはインテリア・ディスプレイ・空間の演出について学ぶ「空間デザイン専攻」と、機器・家具・雑貨などの製品のデザインを設計する「工業デザイン専攻」のいずれかを選択し、専門性を高めます。人の営みとデザインの関わりを理解し、プランニングできる人材を育成します。

詳しくは大学案内をご請求ください。(無料)
デザイン学部TOPへ
学部案内TOPへ
TOPへ