大学院
コンピュータサイエンス専攻紹介
情報システムの研究・開発に必要とされる人材を育成
コンピュータと通信に関する技術(ICT:Information and Communication Technology)は、暮らし、ビジネス、産業、教育、娯楽などのあらゆる分野に急速に適用が拡大し、私たちは情報システムの上に生きていると言っても過言ではありません。情報システムは社会インフラであり,社会と環境に優しく、高い安全性・信頼性が、ますます要求されています。コンピュータサイエンス専攻では、このようなポストユビキタス情報社会を実現するためのニーズに応える、最先端のICTを履修・考究し、情報システムの研究・開発に必要とされる人材を育成します。産業界出身の教員と学界出身の教員による最先端の実学教育を通して、次世代の情報システムの実現に欠くことのできないコンピュータ、ソフトウェア、ネットワーク、ロボットなどの技術を実践的に学ぶことができ、産業界や社会に貢献できる先端的な研究開発能力を育成します。プロジェクト研究や多種多様な専門科目の開講により、研究開発能力の習得を可能としています。

詳しくは大学案内をご請求ください
大学院紹介TOPへ
TOPへ